E24.びっくり3Dペーパークラフト

前へ 原子分野・その他へ戻る 次へ 


びっくり3Dペーパークラフト(犬)
↑図1 びっくり3Dペーパークラフト(犬)

分野

 特にありません。



内容
 少し前に、TV番組で紹介されたものを、偶然、玩具店で見かけたので、購入しました。TVでは、(犬)だけ紹介されていましたが、この製品では、(牛)とあわせて2つ入りです。
 顔の辺りの折り方(凸凹)が特別で、観察者が左右に動くと、それを追いかけて、犬が顔を左右に動かすように見えます(もちろん、ペーパークラフトですので、実際は動いていません)。
 図1の写真を見ただけでは動きがわかりませんので動画を御覧下さい。


 実物を見る時は、やや遠方から見たり、片目をつぶったりして、遠近感がわかりにくくするようにして見ると、「びっくり」となります。ビデオカメラでの撮影も片目と同じなので御覧のとおりです。近くから両目で見ると、顔の辺りの凸凹が異常であることがわかってしまいますので、顔を動かしているようには見えません。


 図2は、製品パッケージ。
 図3は、(牛)の組み立て前のものです。

 組み立ては簡単です。切り取り済みで、両面テープも貼り付けてありますので、道具なしで1分で完成です。





購入先

 平成21年秋に、新潟市のトイザらスで見つけました。いつもあるかどうかはわかりません。
 500円程度

 販売元 株式会社増田屋コーポレーション


このように見えます


動画へ動画(約6秒 wmvファイル 173KB)


パッケージ
↑図2 パッケージ
(牛)の組み立て前
↑図3 (牛)の組み立て前


宮田 佳則 (直江津高校)

前へ 原子分野・その他へ戻る